261233AA-FF6B-4CB0-B33B-690CFBEE2F74
ウェルチ・アレン(Welch Allyn<sup>®</sup>)
PanOptic 検眼鏡
PanOptic 検眼鏡についてご紹介します。医療業界全般にわたる Hillrom の製品および医療技術をご覧ください。
ACTIVE
ACTIVE
false
false
false
false
false
https://assets.hillrom.com/is/image/hillrom/11800-V_PanOptichead?$recentlyViewedProducts$
false
hillrom:care-category/physical-exam-diagnostics
hillrom:sub-category/eye-examination,hillrom:products/ophthalmoscopes-wide-views

ウェルチ・アレン(Welch Allyn®

PanOptic 検眼鏡

PanOptic 検眼鏡は、今までの 25 倍の視野が得られ、より多くの部分を一度に診れるため、眼底検査に自信を持ってお使いいただけます。

 

革新的な広視野の PanOptic 検眼鏡は、より正確な評価を行うために眼底の完全かつ鮮明な像を得るという検眼鏡の基本的な課題に対応しています。特許取得済みの Axial PointSource 光学技術により、拡大されていない瞳孔にも簡単に進入できます。25°の視野角があるため、標準的な検眼鏡を用いて無散瞳で眼底を見た場合に比べ、5 倍の視野が得られます。PanOptic で直接眼底を見ることは、高血圧、糖尿病性網膜症、緑内障、視神経乳頭浮腫などに関連する網膜変化の検出に役立ち、疾患の診断やや患者の治療をより適切に実施できます。

 

製品の登録情報は、こちらでご覧いただけます。

特長

  • 標準的な検眼鏡を用いて無散瞳で眼底を調べた場合の 5 倍の視野
  • iExaminer を組み込むことで、眼底画像のデジタル撮影、保存、共有が可能
  • 作動距離が長いため、患者やユーザーの快適性が向上
  • ダイナミックフォーカスホイールによる連続的でスムーズな動き-患者用アイキャップと組み合わせることでより正確な操作を実現
PanOptic™ 検眼鏡に iExaminer アタッチメントを取り付け、患者の眼底をスマートフォンで見る医師。
PanOptic 検眼鏡、側面、iExaminer スマートブラケットに取り付けたビューファインダーの前にスマートフォンを配置

検査結果をデジタルで撮影、保存し、診察のため共有

iExaminer スマートブラケットと無料の iExaminer Pro アプリを使用すると、PanOptic 検眼鏡をデジタルデバイスに変換できます。画像を撮影して患者の記録に保存し、追跡や診察に役立てることができるようになるため、検査で一瞬見ただけの所見を覚えておく必要がなくなります。

Welch Allyn PanOptic 検眼鏡が観察視野にどのような変革をもたらすかご覧ください。 play_circle_outline

探し求めてきた進化

Welch Allyn PanOptic 検眼鏡が観察視野にどのような変革をもたらすかご覧ください。