base-form-page
about-us
close
language

CEO Action for Diversity & Inclusion

行動にはリーダーシップが必要です。私たちはその先頭に立ちます。

CEO Action for Diversity and Inclusion のロゴ

米国では、多様性と包摂性に関する問題が転換点にあり、ビジネスコミュニティも無策ではいられません。CEO Action for Diversity & Inclusion は、職場での多様性と包摂性を推進する CEO 主導の最大規模のビジネスコミットメントであり、Hillrom はこの運動に参加していることを誇りに思っています。

CEO Action for Diversity and Inclusion に参加している企業と個人は、国内の対話に影響を与え、変化を促すソリューションと行動に協力して取り組んでいます。この取り組みに署名することで、Hillrom は、多様な視点や経験が歓迎されて尊重され、従業員が多様性と包摂性について自由に議論できる雰囲気のあるる職場を育むことを宣言しています。

Hillrom は、CEO Action for Diversity and Inclusion 宣言の一部として、すでに次のような具体的な行動をとっています。

  1. グローバルな多様性、包摂性、帰属性(DIB)の進展のための協議会
    2018 年に発足したこの協議会は、シンクタンクとして機能するとともに、多様性の実践を強化するリーダーシップをとるための方針を設定し、道しるべとしての役割を果たします。同協議会はこれまでに、DIB 戦略の策定、当社の利益改善の指揮、5 つの新しい従業員リソースグループの作成、管理職への登用と定着を測定する指標の開発、および包括性その他に関するグローバルな宣伝の主導を行ってきました。
  2. ジェンダー戦略の導入
    シニアリーダーおよびエグゼクティブリーダーの女性および有色人種の女性の比率に格差があることを認識し、このギャップを埋めようとしました。女性社員の定着を図り、より多くの職務に女性の候補者を割り当てるという目的のもと、採用、昇進、異動、給与の平等性、福利厚生に関するデータを見直しました。また、取締役会やエグゼクティブリーダーおよびシニアリーダーにおける女性の比率を増加させる計画を策定し、その両方で女性の比率を 37.5% にまで伸ばしました。
  3. George Floyd 氏の殺人事件に対する声明
    Hillrom の CEO である John Groetelaars は、2020 年 5 月 31 日に Hillrom の全従業員とソーシャルメディアに対し声明を発表しました。

 

「Hillrom にとっても、私個人にとっても、多様性と包摂性の点は譲れません。本当の自分を共有し、不快な真実にも直面することを誰もが奨励されるような、多様な職場でのみ、当社が製品やサービスを提供する世界中の患者や医療従事者のためにより良い成果を期待できます。Hillrom の従業員だけでなく、サプライヤー、顧客、株主の皆さまも、この重要な活動にぜひご参加ください」

— John Groetelaars、Hillrom プレジデント兼最高経営責任者

John P. Groetelaars